借金問題を効果的に解決する方法や、ベストな債務整理、借金整理法を徹底解説

ホーム サイトマップ 改正貸金業法 特定商取引 被害相談先一覧
  トップページ >
MENU.1
借金問題
借金苦の中でやるべきこと
借金問題解決のステップ
債務整理のいろいろ
借金問題解決「会社防衛」
悪徳金融業者
消費者金融
改正割賦販売法

MENU.2
任意整理
任意売却
過払い
特定調停
民事再生
自己破産
その他の債務整理

MENU.3
ブラックリストとは
ブラックリストを削除する方法
金利の低いキャッシング
ブラック対応キャッシング会社
おすすめキャッシング
海外ブラックリスト事情
金融ブラック掲示板

クレジットカード比較
プロパーカード
マイレージ系クレジットカード
ネット系クレジットカード
ガソリン・車系クレジットカード
小売系クレジットカード

LINK
相互リンク募集
リンク集



借金苦と自殺
いわゆるバブル経済期には、借金の返済能力を超えた購買などによる「クレジットカード破産」を引き起こす人が多かったのが特徴です。

ところが、最近においては、2007年頃からの不況により、残業代のカットによる収入減や、リストラによる失業、あるいは長い間就業できず、収入がゼロということも多々見受けられます。その結果、住宅ローンの返済が困難になり、それではということでせっかく手に入れたマイホームを売却して、借金の返済にと考えるも、これも不動産価格の下落によってそれも不可能といったケースが非常に多くなっています。

また、真面目であるがゆえに生活のために借金を重ねてしまう...

これが最近の特徴だといえます。一家の大黒柱として家族を支えるために、「不況型」や「生活苦型」の自己破産をせざるを得ない深刻な状況に陥っているのです。

借金問題を苦にした年間の自殺者数では、毎年5月頃に警察庁が発表するところによると、2008年においても3万人を超えています。10年連続という残念な結果となっています。さらには、2011年3月の東北大震災の発生、民主党政権の失政による日本の経済的ダメージ、また「改正貸金業法」の施行による簡単に借入ができなくなったことでの生活苦等…

本年度2013年度は、アベノミクスでやや円高が是正されてきたものの、原発停止による燃料コストの増大などで経費が大幅に増大しています。したがって、相変わらず国民生活は苦しく、さらに経済的困苦を理由に自殺を選択する人が増えていく予想がされています。

借金したものを返済するのは当たり前のことです。しかし、資本主義社会における経済活動の中では、当然のことながら「勝ち」も「負け」もあるわけで、たとえ真面目に一生懸命仕事していても、時には約束どおり借金を返せなくなる場面が発生します。

ところが欧米諸国とは違い、日本では経済行為において「負け」た時の対処法があまり知られていないようです。金銭上のトラブルが発生すると、日本人はすぐ、善いか悪いかの次元で考えがちです。

しかし、借金を返せるか返せないかはビジネスの問題であって、善か悪かの問題ではないのです。したがって、金融機関がお金を貸し出すということは、慈善事業でやっているのではなく、れっきとしたビジネス行為だということです。これは商行為ですから、貸し先の経営が悪化して回収できないのは、金融機関の見込み違いであったよいうことになるわけです。プロが見込みを間違えたのなら、そのリスクというものは自らが負うべきものではないでしょうか。

借金問題および借金苦で自殺まで思い詰める人の多くが、実は「大変マジメ」な方であるようです。真面目であるために、収入がどんどん低下しても無理に無理を重ねて借金を返済しようとし、多重債務になってしまうのです。そして、周りに余計な心配をかけまいとして、一人で悩みを抱え込んでしまうのです。こういう状況では、どうしても情報が入ってこないし、借金問題解決のための道筋も見えず、その結果、ネガティブなイメージだけが先行してしまい、追い込まれるようにして自殺まで思いつめてしまうのです。

借金問題で苦しんでいる人には、「たかが借金くらいで悩み苦しむのは愚かなこと、ましてや自殺したり、夜逃げをしたりする必要は全くない!」ということです。

銀行はどうでしょうか?10数年前に比べ不良債権処理は進んできたようですが、庶民から預かっているお金には利息を付けません。自分たちの失敗で不良債権は膨大に膨らみ、どうしようもなくなった銀行は国から税金をじゃんじゃん注いでもらい、それにもまして銀行経営者が、米国のように経営の失敗を問題視され、誰一人責任を追求されることはありません。頭取は平然と、数億の退職金を手に銀行を後にしているのが実情です。

国においては、こうした借金問題で苦しんでいる人たちを救済する法律を成立していることに目を向けて欲しいと思います。また、このホームページをヒントにして見事、借金問題を解決していただければ幸いです。


 
Copyright All Rights Reserved by 借金問題解決プログラム